[PR]

 兵庫県立こども病院(神戸市須磨区)で今月上旬、病棟の同じフロアに入院していた2~28歳の患者7人が下痢や嘔吐(おうと)などを発症し、このうち10歳の女児が4日に死亡していたことがわかった。病院によると、女児以外の3人からノロウイルスが検出され、院内感染の疑いがあるという。病院は取材に「院内感染と女児の死亡との因果関係は不明」と説明している。

 女児は2005年から同病院に入院。今月3日に発熱や下痢を発症し、4日に死亡した。病院は死因を「腸炎を起因とした敗血症性ショック」としている。

 同病院では1日、死亡した女児と同じ病室の別の女児(2)が下痢などを発症。3日までに計7人が下痢や嘔吐など感染性胃腸炎とみられる症状を起こしたが、死亡した女児を除く6人は7日までに快復した。

 病院は4日に神戸市保健所に報告。同じ病棟への入院患者受け入れを7日まで制限した。橋本盛方総務部長は「女児が亡くなったことは大変残念。感染防止を徹底したい」としている。