写真・図版

[PR]

 忘年会や仕事納め、旅行・帰省、そして正月と慌ただしくなる年末年始。流行の病気や飲食物による事故も増え、救急車の出動も年間で多い時期です。大みそかや正月三が日前後は医療機関の大半が休みになり、事前に当番医などを把握しておくことも重要なようです。

 東京消防庁によると、2014年の出動件数は約75万8千件で、月別では12月が約7万4千件と最も多く、次いで1月の約6万7千件とこの2カ月は夏季より多い。主な要因は、冬季に流行する風邪やインフルエンザなどの病気▽忘年会や新年会などでの急性アルコール中毒▽餅がのどに詰まる窒息事故だ。

 同年に風邪やインフルで救急搬送された患者は、12月が最多の1014人。年間の約4分の1を占める。大半は軽症だが、乳幼児や高齢者は重症化しやすいため注意が必要だ。

 急性アルコール中毒は12月に集中する。年代別では20代が突出し、14年に同症で搬送された約1万4千人のうち、4割超の6138人が20代だ。同庁防災安全課は「酔った人を一人にせず、周囲の人が付き添うことも事故防止に重要」と指摘する。

 餅の事故は65歳以上の高齢者が危ない。同庁管内で過去5年間に搬送された571人のうち、65歳以上は9割を占める。顔色が急に真っ青になるなどしたときは、まずはせきを促す。できない場合は「背部叩打(こうだ)法」で応急を。片手で相手の胸か下あごを支え、うつむかせて、もう片方の手のひらの付け根で、相手の背中を4~5回、早く強くたたく。それでも反応がない場合は「すぐに119番を」(同庁)と話す。

 仕事納め(12月28日ごろ)…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら