【動画】(ネガウ モトメル)しゃべる冷蔵庫 画面から注文も
[PR]

 ほしいモノをすぐ手に入れたい。そんな思いに応えるサービスの進化が続く。一方で「必要な時だけ」のレンタルが広がり、「持たない生活」を求める人も。人びとの願いは尽きない。

牛乳ない、冷蔵庫から注文

 冷蔵庫がしゃべる。「牛乳があと1本しかありません」。扉の前面に近所のスーパーのチラシが映し出され、タッチすれば買い物完了。しばらくすれば牛乳が届く――。今春にも発売される冷蔵庫を使えば、近く実現しそうな生活だ。

 ハイアールアジアが開発した「AQUADIGI(アクアディジ)」は、扉に32インチの大型液晶パネルが2枚。設置されたカメラに食材をかざし、情報を読み取らせてから入れれば、在庫一覧がパネルで常に確認できる。ネット通販やスーパーと連携交渉を進めていて、「冷蔵庫からの注文」の実現を目指している。

 スマホとも連動する。職場やスーパーから足りない食材を確認できるため、余分な買い物を防げる。将来的には冷蔵庫が自動注文することも想定する。

 可能性は食材にとどまらない。パネル上で服と自分の画像を合わせて「試着」してから注文――。担当者は「目指すのは、ほしいと思った『まさにその時』に買えることです」。

 「ほしい」にすぐ応えるサービスが広がっている。

 ネット通販大手の楽天は昨年、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら