[PR]

 川口市新井宿の市立グリーンセンターで20日、地元力士と餅つきをする催しがあり、子どもたちが一足早い正月気分を味わった。

 約30年前から開催されており、今年は湊部屋(同市芝中田2丁目)の力士2人が参加。約80キロのもち米が準備され、70組の家族連れらが餅をついた。重いきねも力士が持てば軽々。子どもたちは力を借りながら、「よいしょ、よいしょ」ときねを振り下ろした。

 同市戸塚東3丁目の小学4年生、高橋美姫さん(10)は「本物のお相撲さんを見たのは初めてだったけど、でかかった。餅をつくのも楽だった」。番付が三段目の湊竜は「子どもが好きなので、元気をもらえて楽しい」と話した。

 幕内の逸ノ城はトークイベント…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら