[PR]

 カイロ郊外サッカラにある古代エジプトのツタンカーメン王(紀元前14世紀)の乳母マヤの墓が発見から19年を経て近く一般公開される。ダマティ考古相が20日、記者会見で発表した。マヤが幼いツタンカーメンをひざに乗せた浮き彫りが残っている。政府は新たな観光名所にと期待を寄せている。

 マヤの墓は1996年にフランスの考古学調査団が発見し、発掘調査などが続いていた。

 墓は3部屋と一つの地下室から成り、ツタンカーメンとマヤの浮き彫りは入り口から最初の部屋にある。2人は向き合い、マヤはツタンカーメンの顔に手をかざすようなしぐさをしている。ダマティ氏によると、ツタンカーメンは王の正装をしている。

 「ファーストレディー」と書か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら