[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は21日、同委の副会長を務めていたトヨタ自動車社長の豊田章男氏が同日付で辞任したと発表した。豊田氏からの申し出によるもの。後任にはパナソニック社長の津賀一宏氏が就く見通し。近く開かれる評議員会、理事会で決定するという。

 豊田氏は、経団連などがつくる大会支援組織「五輪・パラリンピック等経済界協議会」の会長も兼任している。辞任の理由として「(来年の)リオデジャネイロ大会を前に、組織委と経済界の連携がますます重要になる。私自身の役割・立場を整理し、経済界としての大会支援体制をさらに充実強化したいと考えた」とする談話を発表した。

こんなニュースも