[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、白紙撤回された旧エンブレムの選考に応募したデザイナー100人のメールアドレスを、21日に他の受信者にも見える状態で一斉送信していた。旧エンブレムの選考過程について外部有識者による調査の結果などを報告したもので、組織委が同日午前に4人の外国人デザイナーを除く日本人デザイナー100人に送った。その際、他の人のアドレスが分かる状態で送った。組織委は同日午後、改めて受信者全員にメールを送り、謝罪とメールの削除を依頼した。組織委は「ご迷惑をお掛けして申し訳ない。今後は気をつけていきたい」。