[PR]

 五木寛之さん原作の映画「青春の門 筑豊篇(へん)」(1975年、東宝)の2016年版カレンダーがインターネットで発売された。映画に登場する名ぜりふをあしらっており、静かな人気を呼んでいる。

 10月に福岡県田川市でこの映画を鑑賞して語る集いを主催したチクホウフォーカス実行委員会で会長を務めたフリーアナウンサー青木美香さん(43)が企画した。

 映画に出てくる人情を大事にする「川筋魂」をテーマに青木さんが名ぜりふを選んだ。カレンダーのデザインは集いのチラシやポスターを受け持った飯塚市出身のグラフィックデザイナー、葛西優磨さん(36)が担当した。

 「香春岳がわろうちょるばい」「こげなときぞ男がしっかりするんは」といった筑豊らしいせりふが、個性的な筆致で、炭坑節で知られる田川市の二本煙突や香春岳の風景をバックに書かれている。

 東京や九州各地の人たちから申し込みがきているという。1部1200円(税込み、送料無料)。問い合わせは青木さん(090・5085・1793)へ。(大矢雅弘)