[PR]

 サッカーJ1のガンバ大阪が26日、1993年のJリーグ発足から本拠としてきた万博記念競技場でのラストゲームを迎える。築40年余。近くに完成した新スタジアムに舞台を譲る。多くの人に愛された競技場に、選手やサポーターが最後のパフォーマンスを見せる。

 吹田市の大学教員坂井大吾さん(36)はJリーグ発足前年の92年、ガンバの前身、パナソニックガンバ大阪の試合観戦で初めて万博に来た。当時中学生でサッカー部に所属。大きな競技場に圧倒され「自分もここでプレーを」と憧れた。

 部活が休みの時は家族や友だちと万博に通い、社会人になってもほぼ全試合観戦した。30歳を過ぎてガンバ主催のイベントでピッチに立ち、ボールを蹴った。スタンドで見てきた芝の感触に胸いっぱいになった。

 試合後は、競技場周辺に出店が並ぶ「美味G(おいじい)横丁」で仲間とお好み焼きを食べ、ビールを飲む。選手のバスを見送り、大阪モノレールの公園東口駅から帰る。お決まりのコースともこの日でお別れだ。「子どものころからずっと身近な存在で、たくさんの出会いがあった。万博に育ててもらった。感謝ですね」

 茨木市で電器店を営む松永豊さん(66)は、Jリーグ発足当初から年間シートを買い続け、観戦は300回を超える。「万博は大きすぎず、臨場感がある。観客同士もまとまりやすい」

 定位置のメインスタンド中段の席は、鮮やかなオレンジが色あせ、傷も増えた。試合前に雑巾で拭くのが習慣だった。チームが好調な時も苦しい時も、思い出はこの場所とワンセットで焼き付いている。「一抹の寂しさはある。ひとまずお疲れさまでした、と言いたい」

 それぞれの思いを胸に天皇杯準…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら