大雪山系黒岳(上川町、標高1984メートル)を登山中に亡くなった世界的な登山家谷口けいさん(43)=山梨県北杜市=について、旭川東署は23日、死因は脳挫傷だったと明らかにした。谷口さんは山頂付近で姿が見えなくなり、約700メートル下の北側の斜面で見つかっており、同署は転落して岩などに頭を強く打ったとみている。