[PR]

 女子レスリングの吉田沙保里(33)が24日、東京都内で記者会見し、所属するALSOKを今年いっぱいで退社すると発表した。吉田は「新しいチャレンジとして、新たな気持ちでリオ五輪に臨むことにいたしました。これから金メダル、4連覇を目指して頑張っていきたい」と話した。

 吉田は2005年、同社では初めての女子レスリング選手として入社。23日の全日本選手権女子55キロ級で優勝し、4連覇がかかるリオデジャネイロ五輪代表に決まった。「全日本があったので、試合が終わってからすぐの発表になった。来年からはフリーという形でまだ所属も決まっていません。新しい気持ちで臨んでいければ」と語った。練習はこれまで通り、母校の至学館大(旧中京女大)で続けるという。

こんなニュースも