[PR]

 外国人観光客の増加などでホテル不足に悩む福岡市が、民家で旅行者を受け入れる「民泊」の活用を試験的に始めた。だが、安全性やトラブル防止への配慮から、部屋を提供する側に条件を設けたこともあり、実際に旅行者を受け入れたのはごくわずか。しばらく試行錯誤が続きそうだ。

 福岡市早良区の原綾子さん(71)宅に26日、韓国・ソウルの会社員女性(32)が訪れた。原さんが初めて受け入れた民泊の利用者だ。宿泊料は1泊5千円。築80年以上の住宅の畳や黒光りする廊下を興味深そうに眺める女性に「私は英語もできないの。言葉を教えてね」と話しかけた。簡単な日本語なら少しはわかるという女性は「家族的な雰囲気で楽しみです」と韓国語で答え、笑顔を見せた。31日まで大分や熊本など九州各地を旅行するという。

 旅行者を泊めて宿泊代を得る場合、本来は客室などの条件を定めた旅館業法や消防法などの規制を受ける。だが、厚生労働省は7月、イベントなどで宿泊施設が不足する場合、自治体が要請すれば一時的な民泊を規制対象外とする指針を示した。

 そんな中、福岡市では今月、人気グループの「嵐」が17~19日に、「EXILE」が26、27日にコンサートを開催。多数のファンの来訪が見込まれたため、市は開催日の民泊を受け入れる市民を募った。

 「おそらく全国初」(市の担当者)という試みに、約200件の問い合わせがあったが、ほとんどが今回は対象外の空き家の提供に関するものだった。実際の応募は38件で、市は最終的に22件の民泊を認めた。うち十数件が旅行者と引き合わせるためのサイトに登録したが、受け入れまで至ったのは4件にとどまった。

 市は今回、応募者本人かその親…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら