[PR]

 学生が学業に支障をきたすほどの労働を強いられる「ブラックバイト」問題への対応として、厚生労働省は25日、学生が多く働く学習塾や外食、小売業界の団体に対して配慮を要請したことを明らかにした。「雇い入れの際に労働条件を記載した書面を交付しているか」「時間外労働や休日労働に割増賃金を払っているか」「学生の希望に反してシフトを入れていないか」などを企業が自主点検するよう呼びかけたという。