[PR]

 今年もあと2日。新年に神社へ初詣に行く人は多い。正月を前に、最近、パワースポットとして人気が高い静岡県熱海市の来宮(きのみや)神社の雨宮盛克(あめみやもりかつ)宮司(47)に神社参拝のマナーを解説してもらった。

 ――まず鳥居の意味は?

 「鳥居の内側は神様がお住まいの聖域。故に謙虚に頭を下げてから入りましょう。アニメなどでは鳥居の中央奥に本殿がありますが間違いです。どの神社も鳥居の中央からずらしています。魔物が本殿にまっすぐ飛び込まないようにです」

 ――参道の歩き方は?

 「手水舎で左手、右手の順で洗う。お清めです。さらに体内を清めるため口をすすぐのですが、抵抗がある人は省略も可です」

 「ただし、ここから先は幼い子を除き、手をつないではいけません。恋人とも手を離しましょう。原則、左側を歩きます」

 ――拝殿に着いたら?

 「多くの神社が二礼・二拍手・一拝。なぜでしょう。まずは、神様に日頃のお世話になっているお礼を述べ、次に願いごとを言ってください。お礼を言わずにお願いばかりでは虫がいい。拍手とは古来、高貴な方の前で、ものを申し上げるときは手をたたいたことからだそうです。そして頭を垂れます。二礼・二拍手・一拝は『感謝・祈り・感謝』なんです。実は、日頃の暮らしのマナーだったことにお気づきでしょうか」

 「ご利益は礼節という精神の積み重ね。願いがかなったら、お近くの神社にお礼のお参りを。その神様を通してちゃんとお気持ちが元の神様に届きます」(羽毛田弘志)