[PR]

 未(ひつじ)から申(さる)へバトンタッチ――。鹿児島市の平川動物公園で26日、干支(えと)の交代式があった。2015年の干支を代表してサフォーク種のヒツジ「ワタ」が、来年の干支のサルたちに「ウッキウッキな1年になりますように」と書かれた引き継ぎ書を託した。

 同園は来年、前身の鴨池動物園を含めて開園100周年を迎える。サルを代表して引き継ぎ書を受け取った飼育担当の望月京也さん(22)は「たくさんのイベントを計画しているので、来年も多くの人に足を運んでもらいたい」と話した。

 冬休みに入って最初の週末とあって、園内は多くの家族連れでにぎわった。鹿児島市の祖父江(そぶえ)有紗ちゃん(3)はヒツジとふれあったり、記念撮影をしたりして楽しんだ。父洋さん(39)は「来年は転勤もあるので、家族と一緒に新しいスタートを切りたい」と新年を見据えていた。(鎌田悠)

関連ニュース