[PR]

 三井住友銀行のホームページ(HP)やインターネットバンキングが、28日午前9時半ごろから一時的に利用しづらくなった。同行によると、HPのトップページへの接続が集中したため、同行側で接続を制限し、不正侵入の疑いを調べたためだという。異常がなかったため、午前11時ごろに復旧させた。

 接続がしづらくなっただけで、入出金や振り込みなどに影響は出ていないという。同行は「年末の仕事納めと月曜日が重なり、接続が集中した可能性がある」としている。

こんなニュースも