[PR]

 岩手県は28日、東日本大震災後初めてとなる国勢調査の速報値(10月1日現在)を発表した。5年前の前回調査と比べ、津波で多数の犠牲者が出た沿岸部(12市町村)の人口は8・3%減った。減少率が最も大きいのは中心市街地が壊滅的な被害を受けた大槌町で、23・2%減。次いで陸前高田市が15・2%減、山田町が15・0%減となっている。

 県全体の人口も127万9814人と前回より3・8%(5万333人)減ったが、沿岸部は25万1325人で8・3%(2万2761人)減と際立っている。

 調査結果は、住民票の有無にかかわらず居住実態に基づいて集計している。県によると、沿岸部の人口には復興事業に従事する建設業関係者が少なくとも約3800人含まれており、復興が進むに従ってさらに人口が減る見通しだという。(角津栄一)