[PR]

 29日午前10時30分ごろ、北海道函館市千歳町で、湯の川発谷地頭行きの函館市電が脱線した。函館西署によると、市電には約60人の乗客がおり、2人が肩などに軽いけがを負った。

 市電は前輪が脱線し、反対側の軌道を塞ぐ形で止まった。函館市内は28日から断続的に降雪が続き、線路の除雪作業が続いていた。函館西署は、軌道に雪や氷が詰まって乗り上げた可能性もあるとみて調べている。この事故で、五稜郭公園前―函館駅前間が約6時間半にわたって運休し、代行バスを走らせた。