[PR]

(30日、富士山女子駅伝)

 富士山の裾野を駆け上がってきた立命大の園田が3本指を突き立ててゴールした。「私はおいしいところを持っていっただけ」。うれし涙を流した。

 大会前、エース大森が練習中に転んで打撲。代役で投入された園田に託されたのは全区間で最も過酷な登りのアンカーだった。十倉コーチは「選んだ理由は園田の気合。登りがすごく得意な選手ではないけど、チームのためならと言った。その気持ちが一番大事」。主将の菅野からは「この区間を引き受けるのは肝が据わってないとできない」。

 園田は30人弱の長距離部員で九州から入学した唯一の選手という。「立命大の堂々とした姿をみて、その中で練習したいと思ったから」。京都・立命館宇治高など近畿の強豪高からの選手を軸に、こだわりを持つ選手が脇を固める立命大。1強時代が続いている。(増田創至)

こんなニュースも