[PR]

 アフガニスタンの首都カブールで1日、フランス料理店に対して自動車爆弾を使った自爆テロがあり、12歳の少年を含む2人が死亡し、十数人がけがをした。AFP通信などが伝えた。反政府武装勢力タリバーンが犯行を認めた。

 現場のレストランは外国人に人気の店。アフガニスタンのガニ大統領は12月31日、和平プロセス再開のためアフガン、パキスタン、米国、中国による協議を1月11日にパキスタンのイスラマバードで行うと発表しており、こうした動きを妨害するための攻撃の可能性がある。(バンコク=貫洞欣寛)

こんなニュースも