[PR]

 通常国会が4日召集された。毎年1月に開かれるようになった1992年以降、最も早い日程での召集となり、年末年始を地元で過ごした議員は慌ただしく議場に向かっていた。

 今夏の参院選で改選を迎える自民の中西祐介氏(徳島選挙区)は、初めて導入される高知との「合区」での選挙戦に臨む。「年末までに両県の全市町村を回った。選挙もさることながら、足元の経済を前に進めるための重要な一年になる」と話した。

 一方、国会周辺には昨年成立した安保法制に反対する団体のメンバーらが集まった。高田健さん(71)は「政権はもう終わったつもりだろうが、抗議の意思表示を続ける。あきらめてはいない」と話した。

こんなニュースも