【動画】海底に眠る小笠原・母島特産のラム酒=中山由美撮影
[PR]

 世界自然遺産の青い海の底で約10カ月間、熟成させたラム酒を味わって――。小笠原諸島・母島(東京都)で、サトウキビでつくる特産のラム酒を海に沈めた「海底熟成ラム酒」ができた。人口約470人の島の人たちは「新たな特産品に」と期待している。

 母島の南側にある波の穏やかな入り江。船で10分ほどの沖、深さ約15メートルの海底にラム酒約1200本が沈められている。300ミリリットル瓶が詰まったプラスチックケース約100個がずらりと並び、鉄製の枠で固定されている。

 島のダイビングショップ「クラブノア母島」のガイド下條敬明(たかあき)さん(32)が友人らと発案した。ワインの海底熟成を聞いたことがあり、適度な水温や穏やかな波の揺らぎで熟成が進むとされる。「特産のラム酒でやったら面白そうだ」

 母島では戦前はサトウキビ栽培…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら