[PR]

 1月3日、タッキー&翼の「YOUは何しに? タッキー&翼CONCERT そこにタキツバが私を待っている 正月は東京・大阪へ」が行われた横浜アリーナ(取材日)に行かせていただき、とてもあたたかく穏やかな気持ちになれました。

 タキツバにとって初の新春コンサートとなる今回。「いままでなかったですからね」とは滝沢秀明くん。続いて今井翼くんも「(滝沢)“革命”とか“プレゾン”(PLAYZONE)とかで1月を迎えたことはありましたけど、タキツバで新春ライブっていうのは結成13年にして初」とオープニングから喜びの表情を浮かべていました。

 「新春コンサートやりたいっていう気持ち、ずっとありましたからね。それが実現できてうれしいなと思いますよ」(タッキー)「僕らににとってはホームグラウンドである特別な思いのある空間ですから、こうしてみなさんと過ごせること、ホントにうれしく思ってます」(翼くん)

 「去年は初の二人っきりで全国9都市をまわっていましたよね。けっこう、この中(=会場)にもいらしてくださってると思いますけど、アルバムをひっさげてのツアーを経て、こうしてニューライブツアーが行えて、今回はタッキー&翼+Travis Japan(以下、トラジャ)やジャニーズJr.とやってますんで、(ファンの皆さん含め)一つになっていきましょう!」とオープニングのMCからトラジャやJr.に触れて、感謝の気持ちを言葉にして表した優しい先輩・翼くん。さらに、ファンの皆さんを「&」と呼び、「僕らはタッキー、&、翼ですから」と&を強調して、会場の皆さんのこともたたえていました。

 タキツバの曲にはファンの皆さんと一緒に踊る振り付けがたくさん含まれているし、ステージからマイクを向けられて、客席の皆さんが完璧に歌えるという特徴もあります。つまり、ステージと客席が見事なタッグを組んでいるんです。だから見ていて本当にあったかい。我々マスコミ陣も、そういう光景に毎回ほっこりさせられます。

 しかし、横アリでのタキツバコンサートというとどうしても思い出してしまうのが、14年、翼くんの体調不良により、タッキーが一人でステージに立ったことです。

 演出をそのままに、まるで翼く…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら