[PR]

 太田市の清水聖義市長は5日の定例記者会見で、秋に開館予定の市美術館・図書館の愛称「おおたBITO」を今後は使用しないと発表した。民間の企業がすでに「BITO」の商標登録を申請していたためで、新たな愛称は考えていないという。

 BITOのロゴをめぐっては、佐野研二郎氏がデザインを手がけたことなどから使用中止を求める意見が市に寄せられた。市が市民へアンケートした結果、ロゴの不採用を求める意見が全体の半数以上を占め、昨年10月に不使用を決めた。

 市はその後、文字としての「おおたBITO」の商標登録状況を調べたところ、民間企業が先行して特許庁に出願していたことが11月にわかったという。商標登録は先に申請したほうが優先される先願主義の原則があり、あきらめた。

 ロゴに次いで愛称でも二転三転…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら