[PR]

 福岡市は5日、微小粒子状物質PM2・5の1日の平均値が国の環境基準(1立方メートルあたり35マイクログラム以下)を超え、同40・0マイクログラムになるとの予測を発表した。呼吸器系疾患などがある人に外出時のマスク着用などを呼びかけている。

 市によると、PM2・5は4日、市内の一部で1時間値が100マイクログラムを超え、1日平均は50マイクログラム程度と昨年3月22日の80マイクログラムに次ぐ高さだった。中国大陸からの影響という。中牟田啓子・市環境保全課長は「高い数値が長期化しなければ問題ないが、今後のことは分からない」と話した。

<アピタル:ニュース・フォーカ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら