写真・図版

[PR]

 海外で日本茶人気が熱い。日本からの輸出量も、この10年間で約4倍に増えた。人気のわけは?

 

ヘルシー志向に米企業も注目

 「Oi Ocha」「matcha LOVE」

 東京都渋谷区の伊藤園本社の応接室には、アルファベットで書かれた海外向けの日本茶のペットボトルが並ぶ。「グーグルなど米国西海岸にあるIT企業の社員食堂で飲まれ、頭がスッキリすると評判です」。岩田孝浩広報部長は話す。西海岸だけで数十社と取引し、米国全体で年間25億円を売り上げる。

 ブームを引っ張るのは、肥満が社会問題化する米国に広がるヘルシー志向だ。日本茶に含まれるカテキンの脂肪の燃焼を促す効果が注目を集めている。飲み物としてだけでなく、抹茶味はケーキやアイスなどのスイーツとしても人気で、伊藤園もニューヨークに今年、抹茶ドリンクや抹茶ソフトクリームを出す専門店を準備中だ。

 アジアにも日本茶が進出している。アサヒグループホールディングスは2013年から、インドネシアでペットボトル入りの日本茶を1本約50円で売り出す。元々、緑茶を飲む習慣があり、緑茶の本場は日本との意識も手伝って、「高品質な日本産」のイメージが売りだ。

 現地の嗜好(しこう)に合わせ、ハチミツで味付けする一方、日本茶独自の苦みを残し、甘みと苦みが混じった味が受けて、売り上げを伸ばしているという。

 

減る国内消費、輸出に活路

 海を渡る日本茶が増え、国内の農家も輸出にシフトしている。茶の生産量が日本一の静岡県。御前崎市の「やまま満寿多園」の増田剛巳(つよみ)社長は一昨年、米国など27カ国・地域に274トンを輸出。日本の輸出量全体の約8%を1社で占める。

 輸出に活路を見いだすのは、国…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも