【動画】法隆寺金堂の火災について、太田信隆さんが当時を振り返った=森井英二郎撮影
[PR]

 文化財防火デーの26日、全国各地で防火・避難の訓練が実施される。文化財防火デー制定のきっかけになったのが、壁画の模写作業が行われていた1949年1月26日に起きた法隆寺(奈良県斑鳩〈いかるが〉町)金堂の火災だった。焼損した世界的な傑作の仏教壁画(7世紀、国重要文化財)について初の科学的な総合調査が始まったのを機に、67年前のあの日、何があったのかを振り返った。

金堂壁画、初の総合調査始まる

 壁画は、釈迦や薬師などの群像を示す大壁4面(高さ約3メートル、幅約2・6メートル)と、各種菩薩(ぼさつ)像を描いた小壁8面(同、幅約1・5メートル)からなる。1940年に当代一流の画家による模写が始まったが、49年1月26日、堂内からの出火で焼損し、ほとんどの色彩が失われた。土壁ごと取り外され、合成樹脂や鉄枠で補強され、境内の収蔵庫で保管されている。

 法隆寺は文化庁と朝日新聞社の協力のもと、学識者でつくる「保存活用委員会」を昨年12月に設立。3年かけて劣化の有無や最適な保存環境を最新の科学で探り、焼損から70年となる2019年をめどに中間報告をまとめる。その成果を踏まえ、一般公開の可能性も検討される。

朝日新聞はどう報じたか

 1949年1月26日早朝の法隆寺金堂の火災について、朝日新聞大阪本社は同日、「けさ法隆寺 金堂全焼」の号外を発行した。

 物資不足の当時、朝日新聞は数ページ、朝刊のみの発行。火災翌日、27日の大阪本社版は表裏2ページだったが、1面の約半分が火災の記事に当てられ、「法隆寺金堂炎上」「国宝壁画大半失う 解体中の内陣を全焼」の見出しが並んだ。裏面には「忘れられた国宝」と題し、各地の文化財保護体制の不十分さを指摘する記事を掲載した。

 当初から、報道の焦点は火災の原因だった。26日号外では「漏電説が有力」と報じ、27日の紙面では壁画模写の現場で使われていた絵の具の接着剤を溶かすためのヒーターや、座布団に電熱線を仕込んだ電気座布団の過熱の可能性を指摘した。その後、現場責任者や電気座布団を作った業者が起訴されたが、結局原因は特定できず、失火については全員が無罪になった。

 もう一つ注目されたのが焼損した金堂壁画の行く末だ。29日の紙面では「十二面とも抜き取り 大宝蔵殿に保管」と、壁画を取り外して保管するという文部省(当時)の方針を報じる一方、それに法隆寺の佐伯定胤住職が「生体解剖に等しい」と強く反対していることも伝えている。2月6日付の「声」欄では、壁画の取り外し保存を巡って「当事者の善処に任せるのが妥当」「信仰とともに保存されてきた壁画を他へ移せば単なる美術品になる」と賛否の投書を紹介した。(編集委員・今井邦彦

67年前の火災を目撃した元NHK記者 太田信隆さん(84)

 当時の斑鳩はとても静かなところでした。今ものどかですが、車や家がもっと少なく、お寺の鐘が隣の町村まで響き渡るほど。そんな静かな中で、金堂の火災は起きたのです。サイレンが遠くまで聞こえ、近隣の安堵(あんど)町や大和郡山市、河合町などからも消防団が一斉に駆けつけました。

 私は高校2年生でした。いつもなら午前8時に法隆寺保存工事事務所の始業のサイレンが鳴る(注1)のですが、あの日は午前7時半ごろに鳴り始め、なかなかやまないのです。異変に気づき、近所の友人に声をかけました。「おい、寺中(じちゅう)で火事や。行ってみよう」。地元のものは誰も「法隆寺」と改まった言い方はしません。

 現場に着くと、佐伯定胤(さえ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら