[PR]

 プロ野球の阪神を退団して大リーグ移籍を目指していた呉昇桓投手(33)がカージナルスと契約合意間近だと10日、大リーグ公式サイトが伝えた。韓国メディアの報道を引用し、「11日の身体検査で問題がなければ、カージナルスの選手となる見込み」とした。

 韓国リーグで通算277セーブを挙げた呉昇桓は、阪神では2年間プレーして2年連続で最多セーブのタイトルを獲得。昨季終了後に自由契約となった。その後、マカオで2014年11月に賭博を行った疑いが発覚し、阪神は残留交渉を打ち切っていた。

 昨年末、呉昇桓は違法賭博罪で韓国検察当局から罰金の略式起訴処分を受けた。(時事)

こんなニュースも