[PR]

 明日1月14日からスタートするテレビ朝日系ドラマ「スペシャリスト」の会見に行ってきました。

 無実の罪で10年服役した“元受刑者”刑事・宅間善人の口癖は、「わかるんですよ、俺、10年入ってましたから」、主演はSMAPの草彅剛くんで、同ドラマはこれまでにも同局で4回、土曜ワイド劇場枠でオンエアされています。

 この度、連続ドラマ化したのは、もちろん内容的にも数字的にも好評だったから。犯罪に関するあらゆるデータをインプットし、犯罪者の心理を知り尽くすスペシャリストとなった男が警視庁を舞台に難事件に挑みます。

 これまでの撮影は寒い、寒い京都で行われていましたが、今回、舞台は東京に移り、新キャストも加えてのスタートとなりました。

 初回オンエア前、草彅くんが、沢口靖子さん主演の『科捜研の女』にゲスト出演することも話題ですよね。主演の沢口さんに対して草彅くんは「緊張しましたね。僕がこの世界の入る前から出ていた方なので。(出演は)ワンシーンなんですけど、なんでこんなにNGが出ちゃうのかなと……。沢口靖子さんのオーラがすごすぎて、8回くらいNG出しちゃって、さすがにヘンな雰囲気になっちゃって。でも、それも一つの勉強かな……と」と感想を述べていました。

 木曜ドラマ枠といえば、昨年、同じくSMAPの木村拓哉さんが「アイムホーム」で新たな一面を見せ、各方面からいい意味で「フツーのキムタク」と評価された時間帯。「アイムホーム」のときもそうでしたが、私は放送日の木曜朝、テレビ朝日系列の「ドデスカ!」に出演しているので、恐らく、毎週(!)番宣活動に励むと思われます(笑)。

 会場はテレビ朝日の1Fアトリウム。会見の司会は同局の堂真理子アナウンサーで、南果歩さん、芦名星さん、和田正人さん、夏菜さん、平岡祐太さん、吹越満さんが次々と呼び込まれた後、2階でスタンバイしていた草彅くんが「わかるんですよ、俺」のせりふと共に登壇。記者の後ろで見守っていらしたファンの皆さんから大歓声があがりました。

 草彅くんは、最初のごあいさつでチームワークの良さをまず強調。新キャストの和田正人くんを「和田っち」と呼んだり、吹越満さんを「越さん」と呼んだりして、座長さんとして、場を和ませているのがよくわかりました。ちなみに平岡さんは「岡ちゃん」。2年前、草彅くんが食事に誘っても、マイペースで断ったことがあるそうで、「岡ちゃんは“ゆとり世代”」(草彅くん)とのことです。

 堂アナから「撮影の合間で盛り上がっているお話を」と質問された草彅くんは、「特にないですけど……」と言って場内を爆笑させました。「なんだろうなぁ、せりふが多いんで、みんな自分のことで精いっぱいで、特にないんですけど、特にないっていうのは、自然なカンジということで……。あまりにも楽しい現場なんで、とりたててエピソードとか話さなくても和やかな雰囲気なんです」と説明。黙っているキャストさんに対し、「みんなマイクあるからしゃべってね。クロストークで」と促しました。

 南果歩さんからは「待ち時間は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら