[PR]

 徳島市のとくしま動物園で人気のホッキョクグマのポロロ(3歳、メス)が、来年1月22日まで残留することが決まった。市が12日、生まれ故郷である札幌市円山動物園からの預託期間の1年延長を発表した。昨年5月から円山動物園に延長を打診。市民らに親しまれている点も評価され、12月に内諾を得たという。

 2012年12月8日生まれのポロロは、両親を子作りに専念させるため、円山動物園から14年3月に預けられた。当初の132キロ、147センチからすくすくと成長し、現在は推定175キロ、170~180センチになった。午後4時すぎからは、馬肉や豚肉、固形飼料やリンゴなどの夕食を楽しむ。

 日中はファンから贈られた湯たんぽやポリタンクをおもちゃにして、プールに潜って遊ぶ。ポロロ担当の飼育員、兒島健一さん(36)は「うれしい半面、これまでと同様に気を引き締めて飼育していきたい」。

 近久俊夫園長(56)は「ゆく…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら