[PR]

細野豪志・民主党政調会長

 私は、憲法改正は政局的に扱われるべきテーマではないと思う。できる限り与野党で議論できる静かな環境をつくるべきだ。統治機構のあり方、地方分権などについては議論の余地はある。どう憲法があるべきなのか、我々もいろんな政党、政治家と議論していくのはやぶさかではない。

 ただ、(安倍晋三首相が来夏の参院選で憲法改正の発議に必要な議席数)3分の2で自民党の憲法改正草案をゴリ押ししてくるのであれば、我々も徹底的に戦う。公明党、他の党もあのグロテスクな憲法改正草案がいいとは思っていないでしょう。(記者会見で)