[PR]

 酒器や茶器として親しまれてきた、錫(すず)器の技を継承する職人が川口市にいる。工房「錫光(すずこう)」を営む中村圭一さん(54)。その優れた手仕事が今、東京・渋谷にある、47都道府県から集めた優れたデザインの品を紹介・販売するセレクトショップで特集されている。

 渋谷ヒカリエ内の「d47 design travel store」。各地の伝統工芸などが生んだ品が並ぶ一角に「錫光」のコーナーが設けられている。

 手作業で仕上げた柔らかな輝きのコップや燗(かん)容器などの商品のほか、成形に使うかんなの展示も。陶器と錫器の杯でお酒や水を飲み比べ、「雑味を除く」という錫の特質を確かめることもできる。担当者は「お酒のおいしい今の季節、お客さんの反応も良いですね」。

 中村さんは20代後半で脱サラ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら