[PR]

 札幌市中央区で昨年2月、「札幌かに本家札幌駅前本店ビル」の金属製看板が落下し、歩行者を直撃した事故で、北海道警は18日、必要な安全措置を講じなかったとして、店の責任者の男性(44)を業務上過失致傷の疑いで札幌地検に書類送検し、発表した。

 道警によると、事故の直前、同店は通行人から看板の接続部分が歩道に落ちていることを伝えられていた。だが、店の責任者は通行人への注意喚起や警察や消防への通報などをせずに放置した疑いがある。

 事故は昨年2月15日午後に起き、歩道にせり出した同店の看板の一部(約25キロ)が落下し、歩いていた看護助手の女性(21)の頭に当たった。女性は頭や首の骨が折れ、意識不明の状態が続いているという。