[PR]

 JR新潟駅(新潟市中央区)周辺の四つのホテルが2月、地元の食や酒を使った共同企画「えきまえ新潟グルメ」を実施する。

 参加するのは、新潟東急REIホテル、新潟東映ホテル、ホテルサンルート新潟、ホテルラングウッド新潟。1~29日、昼食時は県産玄米を配合飼料に加えた同市白根地区産の「越後米豚」を使ったメニューを提供。夕食時は、同市の食材を使ったオリジナル料理と、市内の地酒の飲み比べセットを用意する。

 市は新潟の魅力発信につながるとして、この企画を「シティプロモーション認定事業」に指定。広報費などの助成金として15万円の予算をつけた。

 主催する新潟駅周辺4ホテル推進協議会の青野桂三代表は「市と一体となり、誘客を目的にやっている」と話し、伊勢志摩サミットに合わせ、市内で4月に開かれる農相会合への機運醸成につなげたいとしている。