天皇、皇后両陛下が30日、フィリピンでの5日間の日程を終え、羽田空港に帰国した。戦没者慰霊が注目される中、フィリピンの若者たちと精力的に交流する場面が目立った。両陛下と接し、看護師を目指す夢を膨らませた人、知られざる戦争の歴史を語り継ぐ決意を新たにした人もいる。

 訪問3日目の28日。両陛下はマニラのフィリピン政府語学研修センターを訪れた。日本で看護師や介護福祉士をめざす若者たちが日本語を勉強する様子を視察し、生徒一人一人と懇談した。「ここまで勉強したから、きっと大丈夫」「体に気をつけて日本にいらっしゃいね」。皇后さまは自身の子どもや孫をいたわるように、身ぶり手ぶりを交えてやさしく声をかけた。天皇陛下はスキーがしたいという若者たちの話に、「よい思い出ができるといいですね」と笑顔を見せた。

 厚生労働省によると、経済連携協定に基づき、2009~15年にフィリピンから来日した看護師、介護福祉士の候補者は1200人を超える。故郷を離れ、慣れない生活を送りながら、決して容易ではない国家試験に挑む。宮内庁関係者によると、両陛下はそうした状況をよく理解し、直接ねぎらいの言葉をかけたいと望んでいたという。

 両陛下と懇談した看護師志望のノニリンさん(24)は「一生に1度の経験。日本に行く励みになった」と目を輝かせた。

 天皇陛下の戦争についての発言も、フィリピン人の心に響いた。

 「マニラの市街戦においては、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら