[PR]

 愛知県警は、息子や孫などを装って現金をだまし取る「オレオレ詐欺」が県内で3件相次ぎ、計1500万円の被害が出たと、20~21日に発表した。

 守山署によると、名古屋市守山区の80代の女性宅に20日、息子を名乗る男から「風邪で声がおかしい。コンビニのトイレに荷物を忘れた」と電話があった。その後、息子の上司と名乗る男からの電話で「大事な書類を紛失した弁償として1200万円が必要」などと言われた女性は、同区内の路上で男に現金500万円を渡したという。

 碧南署によると、愛知県高浜市でも同日、同様の手口で70代と80代の女性が別々に被害に遭い、それぞれ現金700万円、現金300万円をだまし取られた。

 被害者3人とも同日中に帰宅した息子や同居する親族と会い、だまされたことに気がついたという。