[PR]

 イスラム協力機構(OIC、加盟57カ国)は21日、サウジアラビア西部ジッダで緊急会合を開き、イランで2日に起きたサウジ大使館襲撃を非難する声明を出した。他方、AFP通信によると、マダニ事務局長は「特定の加盟国間の亀裂が関係悪化を招いている」と述べ、サウジとイランに緊張緩和を呼びかけた。

 会合はサウジの呼びかけで開かれた。声明は、襲撃のきっかけになったサウジのシーア派指導者ニムル師処刑についてイランが抗議したことを、「露骨な内政干渉」と指摘した。

 一方、マダニ氏は演説で「イスラム諸国の分裂による悪影響は残念だ」とした。マダニ氏はサウジの元文化情報相。イランのアラグチ外務次官と握手を交わす場面もあったという。(テヘラン=神田大介

こんなニュースも