[PR]

 綾町民らでつくる「aya100」(アヤハンドレッド)プロジェクトが綾産の玄米米粉を使ったカレー粉「グルテンフリーカレー」を開発。23日に宮崎市で発表イベントを開いた。2月1日に同市のラディッシュセブンで先行発売予定で、国内外に販路を広げたいという。

 アヤハンドレッドは綾町の魅力発信を目的に昨夏に発足。農業後継者といった課題や、観光を含む地域経済の活性化に取り組む。今回は消費減に悩む米生産者の声を受け、国民食ともいえるカレーに注目した。

 開発では、ラディッシュセブンのオーナーシェフ佐藤友紀さんも監修に加わった。小麦粉の代わりに、農薬と除草剤を使わずに栽培した玄米の米粉をスパイスと調合。小麦のたんぱく質「グルテン」がなく、小麦アレルギーの人も食べられる。動物性原料や化学調味料は使わない。

 23日のイベントで試食した宮…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら