[PR]

 テニスの全豪オープン第9日は26日、メルボルン・パークで男子シングルス準々決勝があり、2年連続8強入りした第7シードの錦織圭(日清食品)は、2連覇を狙う第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3―6、2―6、4―6で敗れ、日本勢では1932年の佐藤次郎以来、84年ぶりの全豪男子ベスト4入りを逃した。

 錦織は第1セット、2―3で迎えた第6ゲームで、40―0からミスが続いてブレークされたのが響き、セットを失った。第2セットも2度のブレークを許した。

 第3セットは二つのブレークを奪って先行したが、逆にジョコビッチにサービスゲームを3度奪われて逆転され、流れをつかみきれなかった。

こんなニュースも