[PR]

 ドードー鳥(訳注1)は死に絶えた。リョコウバト(訳注2)も絶滅した。しかし、ガラパゴス諸島のゾウガメの象徴的存在だったロンサム・ジョージ(孤独なジョージ)の種は、再生できる可能性がでてきた。

 学術研究チームの調査で、ジョージの血統に近いゾウガメが生き残っていることがわかったのだ。生物学者たちは、慎重に飼育してジョージの種を再生させ、進化を遂げてきた島の陸地にもう一度そのゾウガメたちをよみがえらせたいと考えている。

 ガラパゴスゾウガメは島ごとに進化を遂げ、少なくとも八つの亜種が存在したと科学者はみている。そのうちの一つは2015年に見つかったものだ。だが、ジョージの種であるピンタ島のゾウガメなど三つの亜種はすでに死に絶えた。ピンタゾウガメの最後の生き残りだったジョージは1972年に発見され、大事に保護されてきたが、2012年に死んでしまった。年齢は100歳を超えていた。孤独なジョージの死は、過去200年以上にわたって人間が世界各地の生態系をいかに破壊してきたかを改めて思い起こさせた。

 ゾウガメは16世紀には25万…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも