[PR]

だしの自動販売機

 大阪市営地下鉄の千林大宮駅(大阪市旭区)そばの駐輪場に、「だし道楽」という商品ばかり並ぶ自動販売機がある。500ミリリットルのペットボトルの中身は、和風だし。炭火焼きアゴ(トビウオ)が丸ごと1匹と昆布まで入っている。

 値段は650円。昆布だけのだし(450円)もあるが、人気はアゴと昆布入りらしく、京阪電鉄の香里園駅(大阪府寝屋川市)から徒歩4分の自販機では売り切れていた。

 一見、清涼飲料水と間違えそうな自販機に、「『おかんトラップ』を上回る擬態だ」とのけぞるのは、会社員の大川朋宏さん(44)。大阪出身でいまは東京で暮らす。出張で大阪に帰った際に見たこの自販機が、遠い記憶を呼び覚ました。

 「小学4年の夏。からっからに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも