[PR]

 財務省と金融庁、厚生労働省、衆院のホームページ(HP)が1月31日深夜ごろから閲覧しづらい状態になった。財務省などによると、外部から大量のデータが送りつけられ、サーバーに負荷がかかっていたという。改ざんや情報流出はなく、財務省の担当者は「原因を調査中で、復旧作業に努めている」と話した。

 同じ時間帯にツイッターに、国際的ハッカー集団「アノニマス」の犯行声明と受け取れる投稿があった。厚労省のHPは1時間半ほどで復旧した。1月下旬には厚労省のほか警察庁などのHPでも同様の障害が相次いだ。