[PR]

 〈ブロックチェーン〉 コンピューターのネットワーク上で、金融取引などの記録を低コストで管理できる新技術。現在は、政府や銀行などが記録を集中管理し、改ざんや二重取引がないか確認しているが、新技術では、すべての取引記録をネットワークの参加者それぞれが持ち、お互いにデータの確かさを検証することで、改ざんなどを防ぐ。集中管理に必要だった大型コンピューターはいらなくなる。

 ネットワークの参加者は、一定時間内に起きた多数の取引のデータを検証したうえで一つの束にまとめる。その前までの取引のデータは、確かさを確認できる「要約値」に転換したうえで検証する。参加者が共有する取引記録は、取引が増えていくにつれて、新しい束とその前までの分の要約値が入った箱(ブロック)が、それ以前のブロックとつながって鎖(チェーン)のように伸びていく形になる。

 こうした仕組みは「分散型台帳」とも呼ばれ、金融取引に限らずさまざまな商取引や権利の管理などに活用できる。集中管理を前提にしてきた社会インフラを一変させる可能性がある、とみられている。

こんなニュースも