[PR]

 覚醒剤を所持していたとして逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が、警視庁の調べに「覚醒剤は自分で使用するために持っていた」と供述していることが、捜査関係者への取材でわかった。押収された注射器やパイプについても「覚醒剤を使うためのものだった」と話しているという。

 清原容疑者の逮捕容疑は2日午後8時50分ごろ、東京都港区東麻布1丁目の自宅マンションで、覚醒剤約0・1グラムを所持していたというもの。家宅捜索に入った捜査員がテーブルの上に置いてあるポリ袋入り覚醒剤を見つけた。室内には注射器3本やストロー1本、黒ずんだような跡のあるパイプ1本があり、いずれも警視庁が押収した。