元NHK交響楽団コンサートマスターで京都市立芸術大名誉教授、バイオリニストの岩淵龍太郎(いわぶち・りゅうたろう)さんが1月5日、呼吸不全のため死去した。87歳だった。葬儀は近親者で営まれた。

 東京都出身。11歳のときに日本音楽コンクールバイオリン部門で2位に入賞。東京大法学部を中退し、49年に日本交響楽団(現・NHK交響楽団)に入り、後にコンサートマスターを務めた。プロムジカ弦楽四重奏団を結成し、ベートーベンの弦楽四重奏曲全曲演奏に取り組むなど、戦後の日本のクラシック界をリードしてきた。初代京都コンサートホール館長。