写真・図版

[PR]

 遠隔操作ウイルスを使って他人の個人情報を抜き取ったなどとして、警視庁は東京都大田区の高校1年の男子生徒(16)を不正指令電磁的記録供用や不正アクセス禁止法違反などの容疑で書類送検し、5日発表した。パソコンには約1800件のアカウント情報があった。「遠隔操作に興味があった」などと話し、容疑を認めているという。

 サイバー犯罪対策課によると、男子生徒は2015年6月、インターネットの無料掲示板に、有料放送が無料で見られるようになるソフトだと装って、遠隔操作できるウイルスの入ったソフトをアップロード。このソフトをダウンロードした都内の40代の男性のパソコンをウイルス感染させ、ウイルスを作動させてIDやパスワードを抜き取った疑いがある。また、このパスワードや、別に入手した他人のIDやパスワードを使って、ショッピングサイトに不正にログインした疑いがある。

 同課が男子生徒のパソコンを解析したところ、約730台のパソコンを遠隔操作ウイルスに感染させ、アカウント情報約1800件が入っていた。そのうちショッピングサイトなどにログインできると確認できたパスワードなどを掲示板上で売っていたという。パソコンには、転売して得たとみられる仮想通貨の残高が約5万円分あった。

■「ピンポンダッシュ感覚」 中…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら