[PR]

 一粒ずつ全て手作り。岐阜市の中心街・柳ケ瀬商店街の一角にある店のショーケースに並ぶ。

 チョコレートと生クリームを合わせたガナッシュが基本。女性に人気のフランボワーズは、木イチゴのジュレと白ワインガナッシュの2層構造。ジュレが口の中に広がり、チョコの風味が来る。

 岐阜・高山市の酒造で作られた日本酒「氷室」の大吟醸を使ったチョコは桜模様になっている。ウイスキー入りガナッシュを使ったマッカランは男性に人気だ。

 「香りと口溶けが違うと思う」。商品の鮮度にこだわる店主の川島祐里さん(39)は自信を見せる。添加物を加えないため、賞味期間は1週間。店では焼き菓子を通年で販売しているが、チョコは12月から3月までの冬季限定。「効率を考えて味を落とすことはしたくない。自分が食べたいと思えるものを作りたい」(小林孝也)

     ◇

A.L.C.cafe

岐阜市弥生町10

058・265・7445

月、火曜休み

こんなニュースも