[PR]

 日本軍の捕虜虐待シーンが「反日的」と批判され、日本公開が危ぶまれた米映画「不屈の男 アンブロークン」の上映が6日から始まった。アンジェリーナ・ジョリー監督にこの作品に込めた思いを聞くとともに、米国文化に詳しい明治大名誉教授の越智道雄さんと戦争映画史の中での位置づけを考えた。

     ◇

 日本の人たちにようやく見てもらうことができて、うれしく思います。決して反日などではなく、非常につらい経験を乗り越え、ゆるし、前に進む精神のたくましさと強さを描いた物語です。日本人に意見するものではなく、普遍的なテーマを扱っています。

 1936年のベルリン五輪で日本人選手と競い合ったルーイ(ルイス)・ザンペリーニが、苦難を経て長野五輪(98年)の聖火ランナーとして笑顔で日本の人たちとつながった場面は、今の日米関係を非常に象徴していると感じています。

 ルーイは親愛なる友人で、亡くなる前、映画制作を応援してくれました。日本が大好きで、聖火ランナーとして走ったのは人生で最も誇らしい瞬間だったと話していました。日本では公開されないかもしれないと聞いた時、彼の遺族がいかに悲しんだかよく覚えています。

 戦争は人間の最もよい面と、最…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら