[PR]

 訪日した外国人旅行者を誘客する国のモデル事業「観光立国ショーケース」に、釧路市が選ばれた。東京五輪・パラリンピックが開催される2020年度に向け、市は受け入れ態勢を整え、国は関係省庁が連携して支援するという。

 釧路市には「阿寒国立公園」「釧路湿原国立公園」と二つの国立公園があり、特別天然記念物のマリモやタンチョウ、アイヌ文化といった観光資源がある。

 「観光立国ショーケース」は、20年度までに世界に通用する魅力ある観光地域づくりをめざすもの。釧路市は、応募した全国10市の中から金沢、長崎両市とともに選ばれた。今後、釧路市や市内の二つの観光協会が外国人旅行者の受け入れ組織を設立するという。

 また、外国人旅行者のマーケテ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら