[PR]

 彼はアンドレア・デル・サルト事件が主人の情線に如何なる響(ひびき)を伝えたかを毫も顧慮せざるものの如く得意になって下(しも)のような事を饒舌(しゃべ)った。「いや時々冗談を言うと人が真(ま)に受けるので大に滑稽的(こっけいてき)美感を挑撥(ちょうはつ)するのは面白い。先達てある学生にニコラス・ニックルベーがギボンに忠告して彼の一世の大著述なる『仏国革命史』を仏語で書くのをやめにして英文で出版させたと言ったら、その学生がまた馬鹿に記憶の善い男で、日本文学会の演説会で真面目に僕の話した通りを繰り返したのは滑稽であった。ところがその時の傍聴者は約百名ばかりであったが、皆熱心にそれを傾聴しておった。それからまだ面白い話がある。先達て或る文学者のいる席でハリソンの歴史小説『セオファーノ』の話しが出たから僕はあれは歴史小説の中(うち)で白眉(はくび)である。ことに女主人公(じょしゅじんこう)が死ぬところは鬼気人を襲うようだと評したら、僕の向うに坐っている知らんといった事のない先生が、そうそうあすこは実に名文だといった。それで僕はこの男もやはり僕同様この小説を読んでおらないという事を知った」神経胃弱性の主人は眼を丸くして問いかけた。「そんな出鱈目をいってもし相手が読んでいたらどうするつもりだ」あたかも人を欺くのは差支(さしつかえ)ない、ただ化(ばけ)の皮(かわ)があらわれた時は困るじゃないかと感じたものの如くである。美学者は少しも動じない。「なにその時ゃ別の本と間違えたとか何とかいうばかりさ」といってけらけら笑っている。この美学者は金縁の眼鏡は掛(かけ)ているがその性質が車屋の黒に似た所がある。主人は黙って日の出を輪に吹いて吾輩にはそんな勇気はないといわんばかりの顔をしている。美学者はそれだから画をかいても駄目だという目付で「しかし冗談は冗談だが画というものは実際六ずかしいものだよ、レオナルド・ダ・ヴィンチは門下生に寺院の壁のしみを写せと教えた事があるそうだ。なるほど雪隠(せっちん)などに這入って雨の漏る壁を余念なく眺めていると、なかなかうまい模様画が自然に出来ているぜ。君注意して写生して見給えきっと面白いものが出来るから」「また欺(だま)すのだろう」「いえこれだけは慥かだよ。実際奇警な語じゃないか、ダ・ヴィンチでもいいそうな事だあね」「なるほど奇警には相違ないな」と主人は半分降参をした。しかし彼はまだ雪隠で写生はせぬようだ。

 車屋の黒はその後跛(びっこ)…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも